アフターピルで血栓症になる人はマイルーラがおすすめ

望まない妊娠を防ぎたいときはアフターピルが役立ちますが、避妊率は高いものの、副作用として血栓症になるリスクが高まります。
他にも吐き気やおう吐、頭痛、めまいなどが起こったり、胸の張りや腹痛、体重増加などが起こることもあるので、それがひどい場合は、別の方法で避妊しなくてはなりません。
アフターピル以外の方法をお探しなら、避妊用フィルム殺精子剤のマイルーラ米国版(VCF)を利用することをおすすめします。
アメリカではごく一般的に使われているもので、薬局などへ行けば、誰でも手に入れることが出来ます。
アフターピルに比べると、血栓症のリスクが少ないですし、マイルーラは殺精子剤としては米国ナンバー1のApothecus社の製品なので、高い信頼性があります。
マイルーラは、女性の膣内でフィルムを溶かして、子宮頸をおおうことで妊娠を防げるので、適切に使えば、コンドームの使用時に近い、避妊効果があるといわれています。
マイルーラの有効成分Nonoxynol-9には、精子の尾の部分の運動性をなくして殺したり、麻痺させることにより、膣までの通行を不可能とする働きがあります。
マイルーラの使用上の注意事項は、行為の度に、新しいフィルムを使用すること、フィルム挿入から3時間以上経過した場合は、新しいフィルムを使用することです。
また、口に入れてはならず、妊娠中や、妊娠の可能性がある人は使用不可となっているので気をつけましょう。
溶ける時間には個人差がありますし、HIVや他の感染症は防ぐ効果はありませんし、避妊が100%可能になるわけでもないというのは知っておいてください。
マイルーラはアフターピルと同じく、個人輸入代行通販を利用すれば購入することが出来ます。