亜鉛不足の周期を考えてアフターピルを服用する

亜鉛不足が起きると味覚異常になるので、甘さが不足しているように感じて砂糖を使いすぎてしまったり、必要以上に味付けを濃くしてしまうことがあります。また爪や髪の毛も亜鉛によって作られているので、不足していると爪が割れやすくなったり、髪の毛が細くなるなどの症状がでます。亜鉛不足を解消するためには牛肉や牡蠣、レバー、卵などを積極的に食べる必要があるので、毎日の食事のメニューにこれらを使った料理を加えるだけで症状が改善します。アフターピルは緊急避妊用のピルなので通常は処方されませんが、膣内射精をされてしまった場合には24時間以内に服用すると95%以上の確率で避妊することができます。また72時間までは効果があるので、アフターピルを服用する場合にはなるべく早く婦人科や救急病院などを受診しなければなりません。継続的に避妊をする場合にはアフターピルではなく低用量ピルを服用することになりますが、この薬は規則正しく飲まなければならないので、医師や薬剤師の指導が必要になります。またピルは女性の血栓症のリスクを高めるので、喫煙をしている女性には処方されない場合があります。アフターピルはリスクが高い薬なので通常は処方されませんが、緊急避妊の必要性がある場合には救急病院などでも処方を受けることができます。インターネットでも購入することができますが、健康リスクが非常に高いなどの問題があります。またアフターピルを何度も繰り返して服用すると血栓症のリスクが上昇するので、緊急時だけに服用するのが一般的です。低用量ピルは継続して服用しなければ効果がありませんが、女性の体に対する負担が少ないので生理不順や子宮筋腫などに悩む女性にも処方されています。